第一印象が大事な面接になります

新卒で就職する時も、転職する時も同じように面接があります。

SITE NAVI

新卒と転職の面接の違いです

第一印象が大事な面接になります 新卒で就職する時も、転職する時も同じように面接があります。しかし、この二つには大きな違いがあります。それは、新卒と転職では企業側の求める人物像に違いがあります。企業側は、新卒の学生に対しては個人の能力や高いスキルなどは求めておらず、入社してから鍛えがいのある人を採ろうとしています。

そのため、新卒の場合には面接では正確を重視して、コミュニュケーション能力の高い人を採用します。新卒の人の場合には、エピソードなどを交えて自分のコミュニュケーション能力の高さを採用担当者にアピールする事も大切です。それに対して、転職の場合には即戦力となる人材を探しているので、面接では、性格が良ければというわけには行きません。転職の場合には、能力と高いスキルを求められます。転職の人の場合には、人事の採用担当者に自分のスキルと能力を積極的アピールする事が大切です。

また、前職での実績など交えながら、自分が即戦力になる人間である事を、採用担当者にアピールする事も大切です。しかし、転職だからコミュニュケーション能力が必要ないわけではなく、コミュニュケーション能力は最低限仕事をするうえで必要で、それに転職の場合には、能力とスキルが必要なだけです。