第一印象が大事な面接になります

面接の際には想定していなかったトラブルが発生することがあります。

SITE NAVI

面接中のトラブルには落ち着いて対処しましょう

第一印象が大事な面接になります 面接の際には想定していなかったトラブルが発生することがあります。例えば、緊張によって汗をかいてしまったり、質問内容を忘れてしまったりすることがあります。それらが起こってしまった時には、落ち着いて常識的な対処をしましょう。

人は緊張すると汗をかきます。そのため、面接時には額に汗が浮かんでしまい、目に入ってしまうなどのトラブルがあります。その際は落ち着いて、ハンカチでぬぐいましょう。タイミングは汗が垂れる前で大丈夫です。しっかりと「失礼します。」と断ってからハンカチを取り出し、汗を拭きます。当たり前の事を当たり前に行いましょう。それによって、常識的な人物であるという印象を与えることもできます。

質問内容を忘れてしまう人もいます。緊張状態というのは焦ってしまうため、頭の中が真っ白になってしまい次の言葉が出ないこともあるでしょう。その場合は、「申し訳ありません。深呼吸をさせてください」と断ってから落ち着く時間を貰いましょう、ただし、一度限りにしましょう。また、面接官の質問を聞き逃してしまうこともあります。その際は「申し訳ありません。緊張のあまり、質問を聞き逃してしまいました。もう一度、お願いできますでしょうか」と正直に伝えましょう。これも一回までであれば、寛大な対処を取っていただけます。