第一印象が大事な面接になります

就職面接でアピールすべきは、外見よりも中身です。

SITE NAVI

就職面接に合わせて肌の調子を整える

第一印象が大事な面接になります 就職面接でアピールすべきは、外見よりも中身です。外見で仕事をするわけではありません。中身をアピールすることに心血を注ぐべきです。だからと言って、就職面接にノーメイクで臨んでいいと言うわけではありません。すっぴんだと清楚な感じは出ますが、印象は薄くなりがちです。野暮ったい感じが出てしまう可能性もあります。それでは、中身をアピールする前に偏った第一印象を持たれてしまうでしょう。きちんとメイクして臨むのが基本になります。もちろん、厚化粧をした方がいいと言うわけではありません。ナチュラルメイクを心がけることです。

大事になってくるのは、就職面接に合わせて肌の調子を整えることです。就職活動で忙しいと、睡眠不足になりがちですし、食生活も不規則になってしまうでしょう。そう言う生活は、肌の調子を悪くします。仕方ないと思うかもしれませんが、肌のキメが粗かったり、細かい色ムラがあったりすると、顔の印象は暗く見えてしまいます。それでは、採用担当者に好印象を持ってもらえません。肌の調子を整えると共に、きちんとベースメイクをして肌に明るい透明感をプラスしましょう。肌が明るいと、健康的で元気な印象を与えることができます。