第一印象が大事な面接になります

就職試験における面接試験は、最終試験に当たります。

SITE NAVI

面接における服装を考えます

第一印象が大事な面接になります 就職試験における面接試験は、最終試験に当たります。筆記試験などを無事通過して来ても、この試験で落ちてしまえば、今までの努力は全て無駄になってしまいます。ですから、勉強だけをして知識だけがあっても、人間として失格ならば試験に合格しないと言うことになります。多くの人は、この面接試験に対し、問答集などで返答などの練習はして来るはずです。ですが、いくら良い答えが出来たとしても、第一印象が悪いと、採点に相当響くと知っておきましょう。面接の際、入室した時の印象は、非常に大事なものになります。

言葉使いや態度も当然ですが、服装や身だしなみが重要です。多くの人は、リクルートスーツの着用と思われますので、問題ないと考えられますが、注意点はいくつかあります。まず、ベルトと靴です。男性ならば、色は黒系統にすべきです。明るい茶系は、避けましょう。最近流行りの先の尖った靴よりは、ノーマルな靴を選びましょう。女性の場合も、派手な靴にならないことです。あくまでも地味な服装が良いとされますが、お葬式に出る訳ではありません。どこか明るいポイントも必要になって来ます。この明るさは、派手と言う意味ではありません。地味で暗い印象を持たれないようにするため、ネクタイなどに工夫があると良いでしょう。

最後は、髪型とお化粧です。男性の場合は、耳がキッチリと出る長さが良いでしょう。長髪、パーマ、茶系などは、禁止と考えるべきです。女性は、水商売と間違われるようなお化粧をしないことです。ノーメイクも困りますが、派手な印象を植え付ける化粧は、避けるようにします。綺麗な印象より可愛い印象が、良いのではないでしょうか。