第一印象が大事な面接になります

面接時には、目の前に不潔でだらしのない人、清潔で爽やかな人がいた場合、自分が面接官だった場合の事を考えるとよい印象に思う人、どちらを採用にしたいかを考えてみます。

SITE NAVI

面接の時には自分のこだわりではなく一般的な装いをする

第一印象が大事な面接になります 面接時には、目の前に不潔でだらしのない人、清潔で爽やかな人がいた場合、自分が面接官だった場合の事を考えるとよい印象に思う人、どちらを採用にしたいかを考えてみます。多くの人が清潔で爽やかな人が好印象となって、より採用に近づきます。面接がスーツの場合には欠かす事ができないのが、清潔感や良識・節度がある服装です。今まで勤めていてた会社でしていた服装、本当の自分を見てほしいなどと面接の時に取り入れるのではなく、面接を受ける企業のドレスコードに合わせる事が社会人としての常識となります。

清潔感と健康的な印象を最優先とし、だらしない服装は避け、どんな年齢の人であっても受け入れられる服装を意識するという事が面接を受ける時には重要です。面接では個性は必要なく身だしなみが大切です。日頃拘って服装を選んでいても、一般的に受け入れられる服装を選びます。髪型もこだわりを意識せずに、清潔感を重視したセットを行い、女性はいつもよりもナチュラルメイクを心掛けます。面接の場ではファッション性よりも、相手に合わせた行動ができる社会人が常識として見られます。ビジュアルではなく、相手に受け入れられやすい、清潔で健康そうな人になる事が大切な事です。